尿石症

尿の中で溶けていた成分が析出して結石(尿石)となり、なんらかの問題が起きている状態を尿石症と呼びます。
尿石が存在する位置によって、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石という診断名が付きます。
尿石症には、ストルバイト(リン酸アンモニウム・マグネシウム)、シュウ酸カルシウム、尿酸アンモニウム、リン酸カルシウム、シスチン、シリカといった種類があり、複数の成分からなる混合結石もあります。

 

症状

尿石は形成された部位で炎症を起こすことがあり、痛みや出血や尿路閉塞といった問題を起こし、実際には腹痛、血尿、排尿障害(排尿の頻度や量、仕方に異常が出ること)、急性腎障害といった症状が現れます。
ただし、重大な問題を起こしているにも関わらず一切症状を示さない場合もあるので注意が必要です。

 

原因

原因は遺伝、食事、腎泌尿器の構造異常、腎臓の機能、他の疾患などがあり、他の疾患によって尿石ができている場合は一般的な尿石症の症状に加えて、その原因となった疾患の症状も出てきます。
◇尿石症の多い品種
ダルメシアン、ヨークシャー・テリア、ミニチュア・シュナウザー、イングリッシュ・ブルドッグ
◇尿石症を伴うことが多い疾患
尿路感染症、門脈体循環シャント、副腎皮質機能亢進症、高脂血症、高カルシウム血症

 

診断

レントゲン検査、超音波検査、尿検査などによって尿路における結石の存在を確認し、それによって何らかの問題が起きていることを確認することで診断します。
上記にもあるように重大な問題が起きているにも関わらず、一切症状を示さない場合もあるので注意深く検査を行う必要があります。
逆に検査で偶然尿石を見つけても何も問題を起こしていないこともあります。
また、尿石症の原因となる疾患の存在を確認することも非常に重要となるので、その他の検査も含めた全身の検査が推奨されます。

 

治療法

尿石症と診断された場合は基本的に尿石の体外への排出を目的とした治療を考慮する必要がありますが、尿路のどの位置に尿石が存在するのか、尿石症としてどんな症状が出ているのかによって治療法は変わります。

 

◇内科的治療
構成成分によっては内科的溶解療法(食事療法や薬物投与療法)が可能なものもあるので、尿石の成分がそのようなものであると確認されたり、その可能性が高い場合は内科的治療を優先することがあります。
内科的溶解療法が困難な尿石である場合は通常、外科的治療が適用されます。
ただ、そのような結石でも全身状態の悪化がない場合には尿石の自然排出を促す内科的治療を行うこともできます。

 

◇外科的治療
臓器を切開し尿石を摘出する方法が一般的ですが、尿石の数や位置によっては実施が困難であったり、不可能な場合があります。
特に尿石による尿路閉塞(尿管閉塞、尿道閉塞)においては既存の構造を温存することが困難な場合が多く、その際には既存の構造を変更する方法(腎瘻チューブ、腎臓膀胱バイパス、尿管膀胱新吻合、尿管移設、膀胱腹壁造瘻術、会陰尿道造瘻術など)を用います。
また近年では内視鏡を用いたレーザーによる尿石破砕療法が実施可能な動物病院もあります。レーザーによる尿石破砕療法は人間では一般的な治療法ですが、犬や猫では実施可能な動物病院も適用となる尿石症も限られているのが現状です。

 

◇予防的治療
上記の治療により尿石症が治ったとしても、原因の除去もしくは適切な予防措置がなければ多くの動物で再発します。
尿石症では予防こそが寛容であり、そのためには原因の精査が非常に重要です。
原因となる疾患があるのであればその治療を第一に行い、尿石の成分が明らかであればその成分に有効な食事療法や薬物投与療法を行うのが望ましいです。

 

ほぼすべての種類の尿石に対して、飲水量の増加は有効な予防効果を発揮することが分かっているので、飲水量を増やすために水を与える頻度を増やしたり、食事をドライフードからウエットフードに変更したりすることも予防法として有効です。
また、逆に飲水量が減ることで尿石症のリスクは上がります。
特に冬は気温が下がることで動物の飲水量が減るので、注意が必要です。冬は出来るだけ動物が暖かく暮らせるように工夫してあげてください。

一覧