急性腎障害(Acute Kidney Injury ; AKI)

様々な原因によって急性に腎臓の機能が低下する疾患で、水分、電解質(ミネラル)、代謝産物(老廃物)を十分に体外へ排出できなくなります。

症状としては、元気と食欲の低下、嘔吐、下痢、尿の減少が見られます。

原因は、脱水、ショック、心臓病、麻酔、手術、外傷、火傷、熱中症、感染症、炎症、アミロイドーシス、腫瘍、一部の薬剤、中毒(ブドウ、ユリ、エチレングリコールなど)、尿石症などがあり、非常に多岐に渡ります。そのため、これらの問題が出た際は必ずAKIの発生を考慮する必要がありますし、逆にAKIと診断された場合はこの中から原因を探さなければならず、全身の詳細な検査が必要となります。

診断は血液検査で急性のクレアチニンの上昇(48時間以内に基準値から0.3mg/dl以上の上昇)や尿量の低下によって行うことができます。その程度や原因の疾患によっては的確な診断や治療を行っても死に至ることがあります。

 

AKIの犬の死亡率

上記のグラフと表はAKIの犬の重症度ごとの死亡率です。クレアチニンが高く、尿量が少ないほど明らかに死亡率は高くなります。

治療は上記の原因となる疾患の治療に加えて、輸液療法による脱水の改善を行い、尿量の低下があれば透析治療(血液透析、腹膜透析)を検討しなければなりません。

AKIの治療後も腎臓の機能が元通りには戻らずに慢性腎臓病(CKD)に発展することが多く、その場合は継続的な検診や治療が必要となります。

一覧