血液検査

ロゴ画像

腎臓病の原因や病態を調べる際の基本的な検査。侵襲性(身体に及ぼす物理的負担や影響)は軽度。項目としては、急性腎障害(AKI)や慢性腎臓病(CKD)の病期分類の基準となるク...

詳細はこちら

レントゲン検査

腎泌尿器に限らず、全身の臓器の大まかな位置や形を調べる検査。侵襲性(身体に及ぼす物理的負担や影響)は軽度。一概に腎臓病といっても原因や病態は多種多様で他の病気の影響で腎臓...

詳細はこちら

エコー検査

腎泌尿器に限らず、全身の臓器の詳細な構造を調べる検査。侵襲性(身体に及ぼす物理的負担や影響)は軽度。一概に腎臓病といっても原因や病態は多種多様で他の病気の影響で腎臓病が発...

詳細はこちら

尿検査

尿の色、濁度、比重、試験紙を用いた成分の検査。結果は主に腎泌尿器の状態を反映しますが、腎泌尿器以外の尿に影響を及ぼす異常も推測できることがあります。採尿方法はフリーキャッ...

詳細はこちら

尿細胞診

顕微鏡を用いた尿の細胞成分の検査。腎泌尿器の細胞、血液細胞、細菌、真菌、腫瘍細胞、精子、結晶などが認められることがあります。

詳細はこちら

慢性腎臓病(CKD)の早期診断

慢性腎臓病(CKD)は進行していく疾患で、病期(ステージ)がステージⅠ~ステージⅣに分かれています。このステージは以前からクレアチニンの数値によって分けられてきました。C...

詳細はこちら