レントゲン検査

腎泌尿器に限らず、全身の臓器の大まかな位置や形を調べる検査。

侵襲性(身体に及ぼす物理的負担や影響)は軽度。

一概に腎臓病といっても原因や病態は多種多様で他の病気の影響で腎臓病が発生することもあります。このような腎臓病を取り巻く状況によって、治療法や予後(その病気の進行速度、治療効果、生存率などを含めた医学的な見通し)は大きく変わってきます。

そのため腎泌尿器以外の臓器を含めた全身のレントゲン検査は非常に重要です。

腎泌尿器の特殊なレントゲン検査としては、造影剤を利用した尿路造影レントゲン検査法があります。

これによって腎泌尿器の位置や形のより詳細な評価に加え、腫瘍、結石、閉塞や狭窄があるか、腎臓が尿を作っているか、などの情報を得ることができます。

一覧