尿細胞診

顕微鏡を用いた尿の細胞成分の検査。腎泌尿器の細胞、血液細胞、細菌、真菌、腫瘍細胞、精子、結晶などが認められることがあります。

一覧