血液透析

治療実績 10件

腹膜透析

治療実績 79件

紹介とセカンドオピニオンの腎臓病

 

このグラフは1年間に当院を腎臓病としてセカンドオピニオンもしくは紹介で受診した動物の診断の割合です。
ほとんどが単なる慢性腎臓病(腎不全と呼ばれることもあります)ではなく、他の腎臓病や基礎疾患を伴った腎臓病であり、輸液療法や食事療法といった一般的な腎臓病の治療以外の治療を必要としました。
このように動物の腎臓病は腎臓だけでなく、全身の状態を調べなければ正しい診断と治療はできません。

主なその他の腎臓病には急性腎障害、糸球体疾患、腎盂腎炎があり、主な基礎疾患には心臓病、甲状腺疾患、尿路結石、高脂血症、炎症があります。